海洋地質

深海底調査から分析処理までを一貫して行います。

各種採泥器による海底堆積物の試料採取から分析・保管まで、一貫した地質試料の処理を行っています。また、水中テレビカメラやソナーなどを搭載した曳航式深海調査システム(ディープ・トウ)による海底観察や、海底面のイメージング(音波探査)に関わる業務にも参画しています。それらの海底からもたらされた試料や得られたデータには、地球の歴史や内部変動に関する情報がつまっており、地球の環境変遷やプレート活動、地震活動をはじめとした研究に貢献しています。

 

・各種採泥器(ピストンコアラーなど)による海底堆積物採取
・ディープ・トウによる海底地形調査、海底観察
・マルチセンサーコアロガーや分光測色計などによる海底堆積物の物性計測
・海底地震総合観測システムにおける地震データ解析
・X線CTスキャナーを用いた試料内部イメージング
・ガンマ線密度計を用いた地質試料の物性計測
・超伝導磁力計による古地磁気測定
・XRD、XRFによる鉱物・組成分析