化学分析 / 物性計測

試料採取から高精度分析まで一貫して行います。

海水や岩石試料中の目的成分の定性・定量化と共に、各種試料の採取、前処理、目的成分の検出および濃度算出等の業務を船上で行っています。また、算出したデータに対して、統計学的手法を用いた妥当性の評価も行っています。
陸上においては、船上での測定に用いる試薬の調製や定容器具の容量検定等を行っています。そして、岩石や海水等様々な試料に含まれている超微量元素の組成や成分などを、安定同位体比質量分析計、HR-ICP-MSやXRF等といった測定機器を用いて分析を行っています。
この他、抽出精製ラインにて海水サンプルから高品質なCO2を抽出・精製し、絶対年代測定試料の前処理や同位体比質量分析を行うとともに分析機器の維持管理を行っています。

 

・海水前処理装置による海水中の14Cならびに13Cを測定するための事前処理
・HR-ICP-MSによる希少な環境試料等の超微量元素の測定
・XRF、ICP-AES、ICP-MSによる主要元素・微量元素分析
・HPLC、ガスクロマトグラフなどによる有機化合物分析
・イオンクロマトグラフ、TRAACS、溶存酸素測定装置、自動アルカリ度測定装置、pH計などによる無機化学分析
・改良型マルチプルコアラー(海底直上水採取システム)による海底直上水採取
・ディープ・トウによる採水
・XRF・XRDによる海底堆積物の化学分析
・各種フィルターを用いた海水試料の濾過
・吸光光度計や蛍光光度計などによる生物生産量の測定