共著論文「Journal of Atmospheric and Oceanic Technology」掲載のお知らせ

  • TOP
  • お知らせ一覧
  • 共著論文「Journal of Atmospheric and Oceanic Technology」掲載のお知らせ

この度、弊社職員が共著者として執筆した以下の論文が、

米学術誌「Journal of Atmospheric and Oceanic Technology」に2020年8月20日に掲載されました。

塩分計を使用した相互比較測定により、IAPSO(国際海洋物理科学協会)標準海水のバッチ間のオフセットをバッチP145〜P163まで拡張した内容です。

 

論文タイトル:An Expanded Batch-to-Batch Correction for IAPSO Standard Seawater
(IAPSO標準海水のバッチ間補正の拡張)

 

著者:内田裕1、河野健1、中野俊也2、脇田昌英1、田中辰弥3、谷原園香3
所属:1. 国立研究開発法人海洋研究開発機構、2. 長崎地方気象台、3. 株式会社マリン・ワーク・ジャパン

 

本研究で弊社は、長年にわたり非常に高い精度で標準海水を測定することにより、研究の土台となるデータを研究者に提出してまいりました。

 

弊社は最先端の研究活動への支援を通して、調査研究に役立てていただく高精度データを今後も引き続き提供してまいります。