水産業への取り組み

近年、日本の漁業に関する様々な問題が指摘されており、日本近海の資源量の減少が大きな問題となっています。世界の漁業国で導入されている資源量管理が、日本においても持続可能性の観点から始まっています。
当社はこれまでの調査経験を活かした資源量調査、漁場環境調査等の業務に関わるサービスを提供いたします。

ソリューションの特長

資源管理や資源量調査、漁場環境調査にかかわる業務に積極的に支援いたします。

資源量調査・漁場環境調査に関する業務

資源量調査航海等において、各種魚介類の採取調査や環境要因計測など、様々な調査手法に沿って柔軟に対応いたします。養殖施設内や養殖施設付近の海洋情報を計測することで適切な養殖管理に必要なデータを提供します。

海洋観測コンサルティング・観測機器のメンテナンス等技術的な支援

当社はこれまで国内外の様々な船舶を用いた海洋調査に係わり技術を培ってまいりました。この実績に基づき海洋観測に関するコンサルティングや観測機器のメンテナンスサービスを提供いたします。

映像や画像による状況観察

漁場や生簀の監視、藻場やサンゴの再生の様子、生物の行動観察などは、コストや安全の観点から水中に設置するカメラや水中ドローンを使用することにより、水中の様子を詳細に確認することができます。
ご要望に応じて、使用機器や設置方法をご提案し、撮影を実施したのち映像や画像を提供いたします。

提供できる成果物

船上で採取した試料

魚介類や動物プランクトンなどの生物試料や海水ならびに底泥試料などについて、陸上での保管や分析のための適切な処理を実施し、ご提供いたします。

観測で得られたデータ

各種観測機器の取得データについて、ご要望に応じた処理方法を適用し、品質を管理したデータセットを提供いたします。

海洋情報のリアルタイム配信

小型ブイ(ICTブイ)や海象モニタリングブイでの計測データを通信網を利用してリアルタイムに転送させ、お手元のパソコンやスマートフォンで海洋情報をご確認いただけます。

養殖施設等のモニタリング映像・画像

養殖魚介類、養殖ワカメやノリ、貝類の成長状況やそれらの食害の状況について、画像や映像の撮影サービスを実施し、得られた画像や映像を提供いたします。また、養殖施設等の水中部分や海底部分については、水中ドローンによる映像や画像を撮影することで、腐食や損傷状態を確認することができます。定期的な点検により、適切に施設を管理するためのデータを提供いたします。

水産業サービス 水産資源量調査

船上での調査作業や試料処理、分析業務に対応いたします。

持続可能な資源量管理を進めるうえで現在の資源量を可能な限り正確に把握することが重要です。資源量調査の手法の一つに船舶を用いた調査があり、対象魚介類に対するトロール調査、プランクトンネット調査、塩分・水温などを把握するための海洋調査を実施します。これら調査作業や試料処理、分析作業についてご要望に応じたサービスを提供いたします。

水産資源量調査詳細ページへ

水産業サービス 環境モニタリング

漁場・養殖施設や周辺海域の海洋情報を提供いたします。

地球温暖化や海洋酸性化などの海洋環境の変化による漁獲量への影響が懸念されております。日々刻々と変化する海洋環境を水温、塩分、潮流(流向流速)、映像ならびに画像などで把握することは、持続可能な水産業の発展の一助となります。水産業に必要な海洋情報を取得し、その情報をリアルタイムで閲覧できるサービスなどを提案いたします。

環境モニタリング詳細ページへ

水産業の資源量調査、漁場環境調査に関するコンサルティング

資源量調査や漁場環境調査については、長年にわたる海洋調査の経験を基に、様々な課題やご要望にお答えいたします。また、使用される観測機器やそれらメンテナンスに関するご相談も随時承ります。

あてはまる業種

  • 官公庁・自治体 官公庁・自治体
  • 漁業 漁業

お問い合わせはお気軽にどうぞ。

海洋調査をはじめとした様々なご依頼を承ります。
お急ぎの方はお電話で。

お電話でのお問い合わせ