海底鉱物資源開発への取り組み

深海底に存在するマンガン団塊は、直径が2~10cm程度の球形をした鉱物で、米国ハワイ沖やインド洋などの水深4,000m~6,000mの海底の堆積物に半埋没した状態で分布しています。コバルトリッチクラストは北西太平洋域に点在する海山の水深約1,000m~2,500mの山頂部から斜面にかけての岩石に厚さ5~20㎝程度で覆ったような形状で分布しています。
これらは古くから海底鉱物資源として注目されてきました。近年、日本の排他的経済水域内にある深海の泥質堆積物に高濃度のレアアースが含まれることが注目され、新しい鉱物資源としての可能性が報告されています。
当社は国内外の様々な船舶で海底地形、採泥、掘削調査に関わってきており、これらの採取から適切な試料処理、物性計測、化学分析ならびに陸上での保管・管理に係わるサービスを提供いたします。

ソリューションの特長

マンガン団塊、コバルトリッチクラストおよびレアアース泥開発に係わる業務を積極的に支援いたします。

経験豊富な海洋調査のノウハウを活用

海底面や海山の山頂部に分布しているマンガン団塊やコバルトリッチクラストに対して、ROVやAUVなどの無人探査機を使った広範囲な海底面の観察や地形調査が実施されています。また、海底の泥質堆積物中にレアアースの濃集層の発見が報告されております。明らかになった分布範囲から、賦存量調査のために採取されるとともに、周辺海域の環境調査も実施されております。当社はこれまで様々な海域での調査を行ってきた実績、ノウハウを活用してお客様のご要望にお応えします。

調査計画や試料採取ならびに
環境影響調査方法についてご提案

マンガン団塊、コバルトリッチクラストおよびレアアース泥の分布する海域や調査目的に応じて、使用する観測機器や調査手法を検討させていただき、例えば、環境影響調査では、計測機器の海底付近への長期設置や周辺域での採水、採泥など、様々な海洋調査手法をご提案いたします。ご要望に応じて、採取した試料の船上での計測、分析を実施いたします。

採取した海底鉱物試料への
最適な試料処理を実施

マンガン団塊、コバルトリッチクラストおよびレアアース泥試料では、任意箇所での切断や薄片製作、切断面の観察・画像撮影、サブサンプリングなどの処理を船上で実施いたします。環境影響調査で得られた試料については、陸上での分析のために適切なサンプリング、化学的処理、冷蔵・冷凍保管などを実施いたします。陸上へ持ち帰る試料については、パッキングや管理用のラベルを貼付し試料情報などを管理しながら保管いたします。

ご提供できる成果物

海底鉱物資源の採取オペレーション

船上において、マンガン団塊、コバルトリッチクラストおよびレアアース泥試料や環境影響モニタリングのための試料採取や海洋調査オペレーションを実施いたします。その他、各種許認可申請、船舶の手配、使用観測機材の選定について対応いたします。

海底鉱物資源試料

採取したマンガン団塊、コバルトリッチクラストおよびレアアース泥試料について、要望に応じて船上で適切な試料処理や簡易的な計測を行い、試料の品質を維持させた状態で適切に試料を引渡します。

各種計測や化学分析データ

採取したマンガン団塊、コバルトリッチクラストおよびレアアース泥試料について、船上ならびに陸上において、資源量評価のための各種物性計測や有用金属の含有量を求める化学分析を行います。

保守管理サービス

採泥器や関連する観測機材について、不具合箇所有無の確認や定期的な部品交換などの保守管理を行います。運用上の改善点があれば、ご要望に応じて修繕や改良などにも対応いたします。

海底鉱物資源調査 底質調査 「みらい」 協力:JAMSTEC

海底鉱物資源探査、試料採取

「みらい」 協力:JAMSTEC

マンガン団塊、コバルトリッチクラストおよびレアアース泥の賦存量を評価するためには、どのような鉱物が、どの場所に、どのくらいの量で存在しているかを明らかにすることが重要です。そのため、広範囲の地形調査や映像撮影、地質構造探査等を実施して有望海域を選定し、ROV、グラブ採泥器およびピストンコアラー採泥器等で目的試料を採取し、どのような金属がどのくらいの量含まれているかについて、測定や化学分析することが必要です。当社では、これら海底鉱物資源の探査を目的とする底質調査ならびに鉱物試料採取のサービスを提供いたします。

底質調査詳細ページへ
「みらい」 協力:JAMSTEC

海底鉱物資源調査 底質分析 「かいれい」 協力:JAMSTEC

試料の物性計測、化学分析

高知コア研究所 協力:JAMSTEC

マンガン団塊、コバルトリッチクラストおよびレアアース泥の賦存量評価やこれらの生成過程の解明のためには、得られた試料の物性計測や元素組成、有用金属の含有量の化学分析が必要です。当社では、これら試料からその後の分析のためのサブサンプリングや前処理、薄片製作、試料の非破壊計測、物性計測、元素組成分析、微量元素分析、同位体比分析のサービスを提供いたします。

底質調査詳細ページへ
高知コア研究所 協力:JAMSTEC

海底鉱物資源調査 環境影響調査 「みらい」 協力:JAMSTEC

海底鉱物資源の持続的な開発のために

海底にあるマンガン団塊、コバルトリッチクラストおよびレアアース泥の開発を進めるに際して、採鉱や揚鉱による海底周辺環境への影響の有無を調査する必要があります。例えば、周辺海域の海水採取とその分析、海底付近の画像撮影、中長期的に海底付近のモニタリングが可能な観測ブイの設置や回収など、当社の豊富な海洋調査のノウハウを活用して、該当海域でのモニタリング調査を実施いたします。

環境影響調査詳細ページへ

海底鉱物資源探査に係わるコンサルティング

当社が長年にわたり国内外の様々な船舶を用いた海洋調査および海洋底探査に係わり、そこで培った技術や実績に基づき、大深度に分布するマンガン団塊、コバルトリッチクラストおよびレアアース泥の賦存量調査や環境影響モニタリングに関するあらゆるご要望にお応えいたします。 また、大深度でも使用可能な水中カメラやライトの販売や、大型の柱状採泥器の製作も承っております。

あてはまる業種

  • 官公庁・自治体 官公庁・自治体
  • 大学、研究機関 大学、研究機関
  • 金属鉱業 金属鉱業

お問い合わせはお気軽にどうぞ。

海洋調査をはじめとした様々なご依頼を承ります。
お急ぎの方はお電話で。

お電話でのお問い合わせ